1. ホーム
  2. 人種別ペニスサイズの傾向

人種別ペニスサイズの傾向

男性の方でこんな話を耳にした事はありませんか?

「日本人はペニスが小さい」
「外国人はペニスが大きい」
など、人種によって男性器の大きさが変わるという本当のような嘘のような話を。

人種によって本当に大きさは異なるのか、またはその人種によっての性器の特徴をまとめてみました。

・日本人のペニスの大きさ

勃起状態の平均サイズは情報サイトによっても色々ありますが大体、12~14cmとなっています。

大きさ自体は小さい傾向にあると言われていますが、実は国際的には大きくもなく小さくもなく標準的なサイズであることが分かっています。

なんの特徴もないかと思いきや世界にも誇れるのは勃起力です。
日本人の勃起の硬さは世界一とも言われています。
ペニスの勃起は、血液が多く集まることで起こるとされる生理現象の1つですが、標準的な長さなので血液も集まりやすく全体的に血液で満たされるので硬さがある勃起が起こるとされます。

また、もう1つ世界一なのが勃起時の膨張率です。
非勃起状態はそこまで大きくないものの、一度刺激を受ければ驚きの膨張率を誇ると言われています。

・アジアのペニスサイズ

最もサイズが小さいと言われるのは韓国で、その平均サイズは9~10cmと言われています。

アジア圏では、日本は大きいと見られています。
アジアの中でも先進国の日本は、昔までは和食が中心でしたが経済の発展と共に肉類の中心の洋食へと変化していった事で大きくなったとの見方もあります。

・欧米人のペニスサイズ

アメリカやヨーロッパの男性はペニスが大きいというイメージが強いですが、思っているほど大きくはなく国際的には平均的なサイズと言われています。

とある情報では、アメリカ人の勃起時の長さは日本人にも劣るという結果も出ている所があるようです。

欧米人は幼少期に割礼の習慣があったので、その後の成長が良かったために大きいという傾向があった様です。
近年では幼少期の割礼は減ってきている傾向があるので、昔の様にペニスが大きい欧米人というイメージは違ってきています。

・ペニスの大きい国

では、世界的にみてどこの国の男性のペニスが大きいのでしょうか。
その気になる答えは、アフリカ人や中南米の人です。
アフリカで言えば、コンゴやガーナ。
南米では、エクアドルが世界でも大きい上位を占めています。

こうした国々ではペニスの大きさへのこだわりも強いらしく、幼少期は暇さえあれば樹木にペニスを叩き付ける習慣があると言われているので、常に鍛えて大きくしている様です。

食生活などはやはり後進国が多いので栄養不足などの問題はあるものの、異なる習慣によって大きさを保持しているとされます。

サイトマップ

Infomation

ビリリティピルズの通販|おくすり購買部